Japan

絶対成功!初心者でも簡単 栽培いちご 完全ガイド

真っ赤に熟したいちご、甘酸っぱい香りにつられて食べたくなりますよね。実は、いちごは家庭菜園でも簡単に栽培できるんです!nippongardening.comと一緒に、おいしい栽培いちごの育て方を学んでみませんか?プランターでも畑でも、ちょっとしたコツでたくさん収穫できますよ。

項目 ポイント
苗選び 葉の色が濃く、全体にがっちりした苗を選ぶ
植え付け場所 日当たりと風通しの良い場所を選ぶ
水やり 土が乾いたら、朝にたっぷり水を与える
追肥 春植えは1回目の収穫後、秋植えは3月頃に肥料を与える
人工授粉 暖かくなり花が咲いたら、筆や綿棒で花の中心をやさしくなでる
収穫 真っ赤に完熟したものからタイミングを逃さずに収穫する
翌年への準備 収穫が終わったいちごから伸びるランナーで苗作りをする

絶対成功!初心者でも簡単 栽培いちご 完全ガイド
絶対成功!初心者でも簡単 栽培いちご 完全ガイド

1. 栽培いちごの準備: 苗選びと植え付け場所

元気な苗選びのポイント

おいしいいちごを育てるには、まずは元気な苗選びから!葉っぱの色が濃くて、全体的にしっかりとした苗を選びましょう。まるで元気な小学生みたいに、ピシッとした姿勢の苗がおすすめですよ。葉っぱが黄色っぽかったり、ぐったりしている苗は、ちょっとお疲れ気味かもしれません。そんな苗は避けて、元気いっぱいの苗を選んでくださいね。

いちごが喜ぶ場所を探そう

元気な苗を見つけたら、次は植え付け場所を決めましょう。いちごは太陽の光が大好きなので、日当たりと風通しの良い場所を選びましょう。まるで日向ぼっこをしているみたいに、気持ちよさそうにしている場所がベストです。秋から春にかけては、雨があたりにくい軒下などもおすすめです。夏は涼しい環境を好むので、少し日陰になる場所が適しています。

  • 日当たりが良い場所
  • 風通しがよい場所
  • 秋~春:雨があたりにくい場所
  • 夏:少し日陰になる場所

例えば、お庭の南側や東側など、太陽の光がよく当たる場所がおすすめです。 家庭菜園の作り方の基礎を参考に、いちごが元気に育つ環境を整えてあげましょう。

栽培いちごの準備: 苗選びと植え付け場所
栽培いちごの準備: 苗選びと植え付け場所

2. 栽培いちごの植え付け: プランター植えと畑植えの違い

さあ、元気な苗と良い場所が決まったら、いよいよ植え付けです! 植え付け方法は、大きく分けてプランター植えと畑植えの2種類があります。どちらもそんなに難しくないので、安心してくださいね。

プランター植えは、ベランダや玄関先など、限られたスペースでも気軽にできるのが魅力です。必要なのは、深さ20cmくらいのプランターと野菜用の培養土。苗を2本植えるなら、12L以上の容量があるプランターを選びましょう。

畑植えは、広いスペースを活かして、たくさんのいちごを育てたい人におすすめです。植え付けの1週間前までに、土を耕して、堆肥や苦土石灰を混ぜておきましょう。いちごの根っこは浅く張るので、土はフカフカにしておくのがポイントです。まるで、ふかふかの布団で寝ているみたいに、気持ちよく根っこを伸ばせるようにしてあげましょう。

植え付け方法 メリット デメリット
プランター植え 場所を取らない、管理しやすい 収穫量が少ない
畑植え 収穫量が多い 場所が必要、管理が大変

プランター植えでも畑植えでも、株と株の間は30cmくらい空けて植え付けましょう。いちご同士がケンカしないように、適度な距離を保つことが大切です。 農業の連作と同じように、同じ場所に続けて植えると、土の中の栄養が偏ってしまうので、時々場所を変えてあげましょう。

栽培いちごの植え付け: プランター植えと畑植えの違い
栽培いちごの植え付け: プランター植えと畑植えの違い

3. 栽培いちごのお世話: 水やり、追肥、人工授粉

いちごの苗を植え付けたら、あとはおいしい実がなるのを待つだけ…ではありません!元気ないちごを育てるには、水やりや肥料、人工授粉など、ちょっとしたお世話が必要なんです。でも、難しく考える必要はありません。いちごの気持ちになって、優しくお世話してあげましょう。

まず、水やりはとっても大切です。いちごは乾燥に弱いので、土が乾いたら、朝にたっぷり水を与えましょう。まるで、のどが渇いた時に冷たい水を飲むみたいに、いちごも気持ちよさそうに水を吸い上げます。プランター植えの場合は特に、土が乾きやすいので注意しましょう。冬は生長がゆっくりになりますが、水やりは忘れずに続けてくださいね。

“いちごは、まるで小さな子どもみたい。愛情をたっぷり注いであげると、応えてくれるんです。”

— ベテランいちご農家のおじいちゃん

肥料は、いちごが元気に育つための栄養補給です。春に植えた場合は、1回目の収穫が終わったら、3週間に1回くらい肥料をあげましょう。秋に植えた場合は、3月頃に1回、その後は春植えと同じように肥料を与えます。肥料のあげすぎは、いちごのお腹を壊してしまうので、説明書をよく読んで、適量をあげましょう。肥料は、まるでいちごの給食みたいなもの。栄養バランスを考えて、元気に育つようにサポートしてあげましょう。

そして、忘れてはいけないのが人工授粉です。暖かくなって花が咲いたら、筆や綿棒で花の中心をやさしくなでるようにして、人工授粉をしましょう。そうすると、形のよい、おいしそうな実がたくさんなります。人工授粉は、まるでいちごのお見合いみたいなもの。受粉がうまくいくように、お手伝いしてあげましょう。

  • 水やり:土が乾いたら、朝にたっぷり
  • 肥料:春植えは1回目の収穫後、秋植えは3月頃から
  • 人工授粉:暖かくなって花が咲いたら、筆や綿棒で

いちごのお世話は、 農業の連作 と同じように、毎年同じことを繰り返すことで、コツがつかめてきます。愛情を込めてお世話すれば、きっとおいしいいちごをたくさん収穫できますよ!

栽培いちごのお世話: 水やり、追肥、人工授粉
栽培いちごのお世話: 水やり、追肥、人工授粉

4. 栽培いちごの収穫と来年への準備: ランナーの活用

さあ、いよいよ待ちに待った収穫の時期です!真っ赤に熟したいちごから、タイミングを逃さずに収穫しましょう。まるで、宝探しをしているみたいに、ワクワクしながら収穫できるのが楽しいですね。でも、鳥や小動物もおいしいいちごを狙っているので、実が大きくなったら、ネットをかけて守ってあげましょう。鳥よけネットは、まるでいちごのボディーガード。悪い虫から、いちごを守ってくれる頼もしい存在です。

収穫が終わったいちごから、ランナーという茎が伸びてきます。このランナーを使って、翌年の苗作りをしましょう。ランナーは、まるでいちごの赤ちゃん。親株から栄養をもらって、新しい苗に成長します。元気な親株からランナーを別のポットに受けて、針金などで固定してあげましょう。そうすると、根っこがしっかり張って、元気な子苗に育ちます。ランナーの活用は、まるでいちごの家族を増やすみたいなもの。来年もおいしいいちごをたくさん収穫できるように、準備をしておきましょう。

栽培いちごの収穫と来年への準備: ランナーの活用
栽培いちごの収穫と来年への準備: ランナーの活用

Final Thought

栽培いちごは、初心者でも挑戦しやすい家庭菜園の定番です。甘くておいしいいちごを収穫する喜びは格別!この記事で紹介したポイントを押さえて、ぜひ栽培いちごにチャレンジしてみてくださいね。来年もおいしいいちごが楽しめますよ。

Related Articles

Back to top button