Japan

畑 じゃがいも 栽培のコツ:驚きの収穫量アップ術!

自家製のホクホクのじゃがいも、想像しただけで美味しそうですね!実は、畑でのじゃがいも栽培は初心者の方でも意外と簡単に始められるんです。nippongardening.comと一緒に、畑 じゃがいもの育て方を基礎から学んで、美味しいじゃがいもを収穫しましょう。

項目 ポイント
土壌改良 苦土石灰や堆肥で酸性度を調整し、水はけの良いふかふかの土作りを。
種芋の選び方 芽が出ていて、傷や病気がないものを選びましょう。
植え付け 深さ10cmほどの溝に、切り口を下にして種芋を置き、土をかぶせます。
水やり 土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。
追肥 芽が出てきたら、化成肥料などを追肥します。
土寄せ 茎が伸びてきたら、株元に土を寄せて倒伏を防ぎます。
収穫時期 茎葉が枯れてきたら、収穫のサインです。
保存方法 風通しの良い冷暗所で保存します。

畑の準備: 土壌改良と畝立て

じゃがいもは、水はけの良いふかふかの土が大好き!だから、畑の準備がとっても大切なんだ。まずは、土壌改良から始めよう。苦土石灰をまいて、土の酸性度を調整してあげることがポイントだよ。酸性度って、ちょっと難しい言葉だけど、土がすっぱいか甘いかってこと。じゃがいもは、ちょっと甘い土の方が育ちやすいんだ。酸性度を調整したら、次は堆肥をたっぷり入れて、土をふかふかにしよう。堆肥は、野菜の残りや落ち葉などを腐らせたもので、土に栄養を与えてくれるんだ。これで、じゃがいもが元気に育つ土壌の準備はバッチリ!

土壌改良が終わったら、次は畝立て。畝って、土を山のように盛り上げたもののこと。じゃがいもは、水はけが良い方が育ちやすいから、畝を作ってあげると良いんだ。畝の作り方は簡単!スコップを使って、土を20cmくらいの高さに盛り上げればOK。畝と畝の間は、50cmくらいあけておこう。これで、じゃがいもを植える準備は完了!

土壌改良のポイント

  • 苦土石灰: 土の酸性度を調整
  • 堆肥: 土に栄養を与える

畝立てのポイント

  • 高さ: 20cm程度
  • 畝間: 50cm程度

畑 じゃがいもの植え付け: 種芋の選び方と植え方

畑の準備が整ったら、次はじゃがいもの植え付け!でも、その前に、種芋選びがとっても大切なんだ。種芋って、じゃがいもの赤ちゃんみたいなもの。この赤ちゃんが元気じゃないと、美味しいじゃがいもはできないからね。種芋を選ぶときは、まず芽が出ているかどうかをチェック!芽が出ていないと、なかなか育たないんだ。それから、傷や病気がないかも確認しよう。傷があると、そこから病気になってしまうことがあるからね。元気な種芋を選んで、美味しいじゃがいもを作ろう!

種芋の選び方のポイント

  • 芽が出ている
  • 傷や病気がない

種芋を選んだら、いよいよ植え付け!植え付けの時期は、地域によって少し違うけど、だいたい3月から4月頃が目安だよ。植え付けの方法は、とっても簡単!まずは、畝に10cmくらいの深さの溝を掘ろう。そこに、種芋を芽を上にして置いて、土をかぶせればOK!種芋と種芋の間は、30cmくらいあけておこう。これで、じゃがいもの植え付けは完了!あとは、水やりと追肥をしながら、収穫を待つだけだよ。

植え付けのポイント

  • 時期: 3月から4月頃
  • 深さ: 10cm程度
  • 株間: 30cm程度

畑 じゃがいもの育て方: 水やり、追肥、土寄せ

じゃがいもの芽が土からひょっこり顔を出したら、いよいよ本格的なお世話の始まり!まずは、水やりから。じゃがいもは、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてあげることが大切だよ。特に、芽が出てから花が咲くまでの時期は、ぐんぐん成長するから、水切れしないように注意してね。土がカラカラに乾いてしまうと、じゃがいもが小さくなってしまったり、味が落ちてしまったりするんだ。だから、土の表面をチェックして、乾いていたらすぐに水やりをしてあげよう!

水やりのポイント

  • 土の表面が乾いたら
  • たっぷりと水を与える
  • 特に芽が出てから花が咲くまで

水やりと一緒に大切なのが、追肥。追肥って、肥料を追加で与えること。じゃがいもは、成長するのにたくさんの栄養が必要だから、追肥をしてあげると、大きく美味しいじゃがいもができるんだ。追肥のタイミングは、芽が出てきた頃と、花が咲き終わった頃が目安。肥料は、化成肥料などを使うと良いよ。化成肥料って、色々な栄養がバランスよく入っている肥料のこと。追肥をするときは、株の周りに肥料をまいて、軽く土をかぶせてあげよう。これで、じゃがいもがスクスク育つよ!

追肥のポイント

  • タイミング: 芽が出てきた頃、花が咲き終わった頃
  • 肥料: 化成肥料など
  • 株の周りに肥料をまく

じゃがいもの成長は本当に早い!毎日畑の様子を見るのが楽しみで、まるで我が子を見守るような気持ちになります。

畑 じゃがいもの収穫と保存: 収穫時期の見極めと保存方法

じゃがいもの葉っぱが黄色くなって枯れてきたら、収穫の合図!まるで宝探しみたいでワクワクするよね。収穫は晴れた日に行うのがベスト。土が湿っていると、じゃがいもが傷みやすくなってしまうんだ。スコップで株元を掘り起こして、土の中からゴロゴロ出てくるじゃがいもを収穫しよう!収穫したじゃがいもは、土を軽く落として、風通しの良い日陰で2~3日ほど乾燥させると保存性が高まるよ。

収穫時期の見極めポイント

  • 茎葉が枯れてきたら
  • 晴れた日に行う
  • 土が湿っていないこと

じゃがいもの保存は、風通しの良い冷暗所が最適。段ボール箱に入れて、新聞紙をかぶせておくと良いよ。直射日光や高温多湿の場所は避けよう。じゃがいもは、光に当たると緑色に変色して、ソラニンという有害物質が増えてしまうんだ。ソラニンは、食べるとお腹が痛くなることがあるから、緑色に変色した部分は取り除いてから食べようね。上手に保存すれば、冬の間も美味しいじゃがいもが楽しめるよ!

じゃがいもって、カレーやシチュー、肉じゃがなど、色々な料理に使えるから、たくさん収穫できると嬉しいよね!

Final Thought

畑でのじゃがいも栽培は、少しの手間と愛情で、美味しい収穫の喜びを味わえる素晴らしい体験です。ぜひ、この記事を参考に、あなたも畑 じゃがいもに挑戦してみてくださいね!

Related Articles

Back to top button