蕪の栄養価や調理方法、保存方法まで徹底解説!

は、日本をはじめ世界中で広く栽培されている野菜です。独特の甘みとシャキシャキとした食感が特徴で、煮物や炒め物、漬物などさまざまな料理に使われます。今回は、蕪の栄養価、調理方法、保存方法、豆知識について詳しく解説します。また、蕪を使ったおいしいレシピも紹介します。

蕪の栄養価や調理方法、保存方法まで徹底解説!
蕪の栄養価や調理方法、保存方法まで徹底解説!

蕪の栄養価

豊富なビタミンC

蕪には、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、免疫力を高め、風邪やインフルエンザなどの感染症予防に役立ちます。また、コラーゲンの生成を促進し、肌の健康維持にも効果的です。

ビタミンCについて詳しくはこちら

食物繊維が豊富

蕪には、食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境を整え、便秘を予防する効果があります。また、血糖値の上昇を抑え、コレステロール値を下げる効果も期待できます。

食物繊維について詳しくはこちら

カリウムが豊富

蕪には、カリウムも豊富に含まれています。カリウムは、細胞内の水分バランスを調整し、血圧を下げる効果があります。また、筋肉の機能維持や神経伝達にも関与しています。

栄養素 含有量(100gあたり)
ビタミンC 27mg
食物繊維 2.2g
カリウム 230mg

蕪の栄養価
蕪の栄養価

蕪の調理方法

煮物

蕪は、煮物にすると甘みが引き立ち、ホクホクとした食感が楽しめます。定番の「蕪の煮物」以外にも、「鶏肉と蕪の煮物」「豚肉と蕪の煮物」「蕪とじゃがいもの煮物」など、さまざまなバリエーションがあります。

蕪の煮物のレシピはこちら

炒め物

蕪は、炒め物にしてもシャキシャキとした食感が残り、おいしく食べることができます。豚肉や鶏肉、野菜などと合わせて炒めると、ボリュームのあるおかずになります。また、蕪の葉も炒め物にすると、栄養価が高く、おいしい一品になります。

材料 分量
1個
豚肉 100g
ピーマン 1個
玉ねぎ 1/2個
醤油 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1

漬物

蕪は、漬物にしてもおいしく食べることができます。代表的な漬物としては、「蕪漬け」「蕪の浅漬け」「蕪の古漬け」などがあります。蕪の漬物は、ご飯のお供やお酒のおつまみにぴったりです。

蕪の調理方法
蕪の調理方法

蕪の保存方法

冷蔵庫で保存する

蕪は、冷蔵庫で保存するのが一般的です。新聞紙やキッチンペーパーで包んで、野菜室に入れましょう。こうすることで、約1週間保存できます。

冷凍庫で保存する

蕪は、冷凍庫で保存することもできます。皮をむいて一口大に切り、フリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。こうすることで、約1か月保存できます。冷凍した蕪は、解凍せずにそのまま調理できます。

保存方法 期間
冷蔵庫 約1週間
冷凍庫 約1か月

長期保存する

蕪を長期保存したい場合は、漬物にするのがおすすめです。蕪漬けや蕪の浅漬けなどの漬物は、常温で長期保存できます。また、蕪の葉を干して保存することもできます。干した蕪の葉は、味噌汁やふりかけなどに使うことができます。

蕪の保存方法
蕪の保存方法

蕪の豆知識

蕪の旬

蕪の旬は、11月から3月頃です。この時期の蕪は、甘みが強く、やわらかいのが特徴です。

蕪の選び方

蕪を選ぶときは、ずっしり重く、表面に傷がないものを選びましょう。また、葉が青々としていて、萎れていないものも新鮮な証拠です。蕪の選び方についてはこちら

ポイント 説明
重さ ずっしり重いものが良い
表面 傷がないものが良い
青々としていて、萎れていないものが良い

蕪の葉の栄養

蕪の葉には、β-カロテンやビタミンC、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。捨てずに料理に活用しましょう。蕪の葉のおひたしのレシピはこちら

  • β-カロテン
  • ビタミンC
  • カルシウム

蕪の豆知識
蕪の豆知識

最後に

蕪は、栄養価が高く、調理方法も簡単な野菜です。さまざまな料理に使えるので、ぜひ積極的に取り入れてみてください。また、蕪の葉も栄養価が高いので、捨てずに料理に活用しましょう。nippongardening.comでは、蕪を使ったさまざまなレシピを紹介しています。ぜひ参考にして、蕪のおいしさを楽しんでください。