初心者さんも安心!鉢植えで楽しむ「鉢 ブルーベリー」栽培のコツ

甘酸っぱいブルーベリーを自宅で収穫できたら素敵ですよね。nippongardening.comでは、鉢植えでのブルーベリー栽培に焦点を当て、初心者の方でも安心して育てられるよう、分かりやすく解説していきます。

鉢植えブルーベリーに必要なもの

鉢の準備

ブルーベリーを鉢植えで育てるなら、まずは鉢選びから始めよう! ブルーベリーの根っこは、横に広がるのが好きなんだって。だから、ちょっと大きめの鉢を選んであげると、ブルーベリーも喜んでくれるよ!

小さすぎる鉢だと、根詰まりを起こして、ブルーベリーが元気をなくしちゃうこともあるんだ。 大きな鉢はちょっと大変そうに見えるかもしれないけど、ブルーベリーがスクスク育つことを考えると、ワクワクするよね!

鉢のサイズ 目安
直径30cm程度 苗木から育て始めるとき
直径40cm以上 2~3年後、植え替えが必要になったら

土作りはブルーベリーの好みに合わせて

ブルーベリーは酸っぱい土が好きなんだって! 普通の土だと、ブルーベリーは「ちょっと違うな~」って思っちゃうみたい。そこで登場するのが、ブルーベリー専用の土! ホームセンターや園芸店に行くと売っているから、探してみてね!

自分で土を作る場合は、ピートモスや鹿沼土を混ぜて、酸性に傾けるのがポイントだよ! ブルーベリーが「この土、最高!」って喜ぶ顔が見たいよね!

  • ブルーベリー専用の土
  • ピートモス
  • 鹿沼土

鉢植えブルーベリーに必要なもの
鉢植えブルーベリーに必要なもの

鉢植えブルーベリーの育て方

太陽の光をいっぱい浴びよう!

ブルーベリーは、お日さまが大好き!だから、お日さまの光をたくさん浴びられる場所に鉢植えを置いてあげよう!「日向ぼっこ最高!」ってブルーベリーも喜ぶはず!でも、真夏の暑すぎる日差しはちょっと苦手みたい。そんな時は、半日陰に移動してあげてね!

お水をあげるタイミングは?

土の表面が乾いたら、お水をたっぷりあげよう!ブルーベリーは、湿り気のある土が好きだけど、ずっとビチャビチャだと根っこが苦しくなっちゃうんだ。土の状態をよく見て、乾き具合で判断してあげてね!

季節 水やりの目安
春・秋 土の表面が乾いたら
朝と夕方に1回ずつ
2~3日に1回程度

鉢植えブルーベリーの収穫と剪定

待ちに待った収穫!

鉢植えブルーベリーを育てていく中で、一番ワクワクする瞬間といえば、やっぱり収穫の時だよね! 赤い実がだんだん青紫色に変わっていく様子を観察するのは、まるで宝探しのよう。指で軽く触れてみて、実がポロッと取れたら収穫のサイン! 初めて自分で育てたブルーベリーを口にした時の感動は、忘れられない思い出になるね!

剪定はブルーベリーのヘアカット!

ブルーベリーはね、放っておくと枝が伸び放題になっちゃうんだ。そこで大切なのが、剪定!まるでブルーベリーのヘアカットみたいだね。剪定することで、風通しが良くなって、病気の予防にもなるし、次の年もたわわに実をつけるための準備になるんだよ!

時期 剪定のポイント
冬(2月~3月頃) 枯れた枝や、混み合っている枝を切る。
夏(収穫後) 実をつけた枝を軽く剪定する。

鉢植えブルーベリーを楽しむコツ

ブルーベリーとの会話を楽しもう!

ブルーベリーってね、実はおしゃべりさんなんだ! 葉っぱの色が変わったり、実の付き方が違ったりするだけで、「お水ちょうだい!」とか「お日さまポカポカ気持ちいい~!」って教えてくれるんだよ。毎日観察してると、ブルーベリーの声が聞こえてくるかも?

収穫したブルーベリーで手作りスイーツ!

自分で育てたブルーベリーで作るスイーツは、格別! ジャムやヨーグルトに入れたり、パイやケーキにトッピングしたり、アイスクリームに添えても最高! 世界でたった一つの、とれたてブルーベリーの味が楽しめるね!

ブルーベリーを使った簡単レシピ 材料
ブルーベリーヨーグルト ヨーグルト、ブルーベリー、お好みでハチミツ
ブルーベリージャム ブルーベリー、砂糖、レモン汁

鉢植えブルーベリーを楽しむコツ
鉢植えブルーベリーを楽しむコツ

Final Thought

鉢植えブルーベリー栽培は、少しの手間と愛情をかけることで、毎年美味しい実を収穫することができます。ぜひ、この機会にベランダや庭でブルーベリー栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか。きっと、豊かな自然と触れ合う喜びを感じることができるでしょう。