真夏のガーデニングに最適!パセリ 夏 の育て方

爽やかな香りが料理のアクセントになるパセリ。nippongardening.comでは、初心者の方でも育てやすいパセリの栽培方法を、季節ごとに詳しく解説しています。今回の記事では、特に夏の暑さに負けずにパセリを育てるコツをご紹介していきます。

夏の暑さ対策:パセリを元気に育てるには?

強い日差しを避けて、パセリを日焼けから守ろう!

パセリは太陽の光が大好きだけど、夏のギラギラ太陽の下に置きっぱなしはダメ!人間と同じように、パセリも日焼けしちゃうんだ。葉っぱが黄色くなったり、元気がなくなったりする原因になるよ。だから、真夏は特に、午前中は日が当たって、午後は日陰になる場所を選んであげるのがベスト!もし、良い場所が見つからない場合は、遮光ネットをかけてあげると、強い日差しをやわらげることができるよ。

水切れに注意! パセリの根っこを潤してあげよう!

夏は気温が高くて乾燥するから、土が乾くのもあっという間。パセリは水切れすると、葉っぱがしおれてしまうんだ。だから、土の表面が乾いてきたら、たっぷりと水をあげよう!特に、プランターで育てている場合は、地面よりも土が乾きやすいから、こまめな水やりが重要だよ!

時間帯 水やりのタイミング
土が乾きやすいので、たっぷり水やり
水やりは避ける(葉っぱが焼けてしまう可能性あり)
夕方 土の表面が乾いていたら水やり

肥料をプラスして、夏バテ気味のパセリに栄養補給!

夏の暑さで、パセリも人間と同じようにバテてしまうことがあるんだ。そこで、肥料の出番!肥料をあげることで、パセリは元気に夏を乗り越えることができるよ。液体肥料を水で薄めてあげる方法がおすすめ!ただし、与えすぎると、逆にパセリを弱らせてしまうことがあるから、注意書きをよく読んでから使おうね!

夏の暑さ対策:パセリを元気に育てるには?
夏の暑さ対策:パセリを元気に育てるには?

夏のパセリ栽培:水やりと肥料のベストタイミング

太陽が沈んだら水やりの時間だよ!

夏は、太陽が元気いっぱいだから、土もすぐに乾いちゃうんだ。 パセリは、お水が大好きだけど、熱い時間にあげると、お水が沸騰して、パセリがびっくりしちゃうんだって!だから、太陽が沈んで、涼しくなってから、お水をたっぷりあげようね!

夏バテしたパセリには、栄養ドリンクならぬ、液体肥料をあげよう!

人間も、暑い夏は冷たいそうめんがおいしいように、パセリも、夏の暑さで食欲が落ちてしまうことがあるんだって。そんな時は、液体肥料を薄めてあげてみよう! 元気を取り戻して、またぐんぐん育つはずだよ!

時間帯 水やりのタイミング 肥料
土が乾きやすいので、たっぷり水やり 与える場合、薄めてから
水やりは避ける(葉っぱが焼けてしまう可能性あり)
夕方 土の表面が乾いていたら水やり ✔️

夏のパセリ栽培:水やりと肥料のベストタイミング
夏のパセリ栽培:水やりと肥料のベストタイミング

プランターでも大丈夫?夏のパセリ栽培

プランターはパセリの避暑地!?

「庭がないから…」とパセリ栽培をあきらめていませんか?大丈夫!プランターでも、太陽の光と風さえあれば、パセリは元気に育ちます!むしろ、プランターはパセリにとって移動式の避暑地みたいなもの。夏の強い日差しが当たったら、涼しい場所にサッと移動! パセリも「やったー!涼しい~」って喜ぶはずです!

水やりは、プランターと仲良くなるチャンス!

プランター栽培で気を付けたいのが、水切れ。土の量が少ない分、地面よりも乾燥しやすいんです。でも、大丈夫!こまめに土の様子をチェックして、乾いていたらたっぷり水をあげればOK!プランターとパセリとの距離が縮まると思って、愛情込めて水やりをしてあげてくださいね。

プランターの大きさ 水やりの目安(夏)
直径20cmくらい 1日1~2回
直径30cmくらい 1日2回

プランターでも大丈夫?夏のパセリ栽培
プランターでも大丈夫?夏のパセリ栽培

収穫時期と保存方法:夏のパセリをもっと楽しむ

いつでも新鮮!夏のパセリはこまめに収穫!

パセリは、種まきから約2~3ヶ月後、草丈が15cmくらいになったら収穫のタイミング!🌱 必要な分だけ、外側の茎から摘み取って使うのがポイントだよ! なんと、収穫を繰り返すことで、わき芽がどんどん伸びて、収穫期間が長くなるんだって!まるで魔法みたいだね!✨

夏のパセリをおいしさそのままキープ!とっておきの保存術!

せっかく収穫したパセリ、 しおしおになっちゃう前に、おいしさそのまま保存したいよね!? 冷蔵庫で保存する場合は、湿らせたキッチンペーパーで茎を包んで、さらにビニール袋に入れるのがおすすめ!乾燥を防いで、シャキッとした食感を保つことができるよ!まるで、パセリに魔法のベールをかけるみたいだね!✨

保存方法 メリット 保存期間の目安
冷蔵保存 手軽で、比較的長持ちする 約1週間
冷凍保存 長期保存に最適! 約1ヶ月

収穫時期と保存方法:夏のパセリをもっと楽しむ
収穫時期と保存方法:夏のパセリをもっと楽しむ

Final Thought

夏のパセリ栽培は、少しの工夫と注意でぐっと成功率が上がります。今回の記事を参考に、ぜひ美味しいパセリを育てて、夏の食卓を彩ってください。