【絶対咲かせる!】シクラメン冬越し❄️成功の秘訣

冬の寒さが厳しくなってきましたね。鮮やかな花を咲かせるシクラメンも、冬越しできるか不安に思っていませんか?nippongardening.comでは、そんな悩みを解決するお手伝いをします。この記事では、シクラメンを冬越しさせるための方法を分かりやすく解説していきます。

冬のシクラメン:厳しい寒さへの挑戦

シクラメンにとって、冬は試練の季節!だって、もともとは暖かいところが大好きなんだ。 日本の寒い冬を乗り越えるには、ちょっとだけ工夫が必要なんだよね。 でも大丈夫!コツさえつかめば、シクラメンは寒さに負けずに、春まで可愛い花を咲かせ続けてくれるよ!

冬のシクラメン:厳しい寒さへの挑戦
冬のシクラメン:厳しい寒さへの挑戦

冬越し準備:シクラメンを守るための秘訣

鉢の場所選びは、引っ越しみたいに!

秋風が冷たくなってきたら、シクラメンもそろそろお引越し準備!人間みたいに暖かいおうちがいいんだけど、シクラメンの場合はちょっと違うんだ。日中はポカポカ陽気、夜はちょっとひんやりするくらいの場所がベスト!

枯れた葉っぱは、お掃除してあげよう!

シクラメンのお部屋、つまり鉢の中に、茶色くなった葉っぱが落ちてないかな? これは、シクラメンが「もう冬眠したいよ~」ってサインなんだ。 枯れた葉っぱは、病気の原因になることもあるから、見つけたら優しく取り除いてあげようね!

場所 気温 ポイント
窓際 日中暖かいが、夜冷え込むことも 夜間は窓から離すか、カーテン越しに
玄関 比較的安定している 日当たりが確保できる場所を選ぶ

冬越し準備:シクラメンを守るための秘訣
冬越し準備:シクラメンを守るための秘訣

冬越し成功のカギ:温度管理と水やり

温度管理は、あったかセーター選びみたい!

シクラメンにとって、ちょうどいい暖かさって、人間でいうとセーター1枚で過ごせるくらいなんだって!日中は15度くらいまであったかいところが好きだけど、夜はちょっと涼しい8度くらいがいい感じみたい。夜は窓際からちょっと離してあげたり、カーテンで寒さをしのいであげると、シクラメンもぐっすり眠れるね!

お水やりは、喉が渇いた時だけ!

冬の間、シクラメンはあんまりお水を欲しがらないんだ。土が乾いてから、鉢の下から水がちょろっと出てくるくらいまであげればOK! あげすぎると根っこがびっくりしちゃうから、注意してね!

時間帯 気温 水やりのタイミング
昼間 15度くらいまで 土が乾いていたら
8度くらい 基本的にはあげない

冬越し成功のカギ:温度管理と水やり
冬越し成功のカギ:温度管理と水やり

冬越し後のシクラメン:再び花咲く喜び

春の兆し:シクラメンが目覚める時

長い冬が終わり、暖かい春がやってくると、冬の間静かに眠っていたシクラメンも、目を覚ます準備を始めます。 葉っぱが少しずつ緑色になってきて、つぼみが顔をのぞかせ始めたら、それはまさに春の訪れを告げる合図!まるで冬眠から覚めた動物みたいに、シクラメンも新しい命を輝かせ始めるんだ!

再び咲く花の美しさ:感謝の気持ちでいっぱい

そして、ついに待ちに待った瞬間! シクラメンが再び美しい花を咲かせた時、その感動は言葉では言い表せないほど! 寒い冬を乗り越え、力強く咲く花の姿は、私たちに「諦めないこと」「希望を持つこと」を教えてくれるみたい。 シクラメンとの絆が、もっともっと深まる瞬間だね!

時期 シクラメンの様子 お世話ポイント
春先 葉が緑色に、つぼみが現れる 日当たりの良い場所に移動する
開花後 花が咲き始める 肥料を少しずつ与え始める

冬越し後のシクラメン:再び花咲く喜び
冬越し後のシクラメン:再び花咲く喜び

最後のまとめ

シクラメンの冬越しは、少しの工夫と注意で成功させることができます。愛情をかけて育てれば、冬の間も美しい花を楽しむことができます。来年の冬も、可憐なシクラメンの花を咲かせてくださいね!