【初心者必見】ベランダ プチトマト 収穫量up!絶対成功栽培ガイド

真っ赤に熟したプチトマトをベランダで収穫…想像するだけでワクワクしませんか?nippongardening.comでは、初心者の方でも気軽に始められる「ベランダ プチトマト」栽培について、詳しく解説していきます。この記事を読めば、あなたも美味しいプチトマトを収穫できますよ!

ベランダで始めるプチトマト栽培: 準備編

まずはここから!必要なものを揃えよう

ベランダでプチトマトを育てるって決めたけど、何から始めればいいかワクワクするよね!まずは、必要なものを揃えよう。プランター、土、支柱、肥料、そして、プチトマトの苗…あれ?意外とたくさんある?でも大丈夫!ホームセンターに行けば、全部揃っちゃうよ。

プランター選びは重要!

プランターは、プチトマトのお家になる大切なものなんだ。大きすぎても小さすぎてもダメ!プチトマト1株に対して、6号~8号(直径18cm~24cm)くらいのプランターがおすすめだよ。深さは20cm以上あると、根っこがのびのび育つんだって!素材は、軽くて扱いやすいプラスチック製が人気だけど、おしゃれなテラコッタ製も素敵だよね。

プランターのサイズ 苗の数
6号 (直径18cm) 1株
7号 (直径21cm) 1株
8号 (直径24cm) 1~2株

ベランダで始めるプチトマト栽培: 準備編
ベランダで始めるプチトマト栽培: 準備編

失敗しない!プランターでのプチトマト栽培

土作りは愛情を込めて!

プランターに土を入れるときは、ギュウギュウに詰め込んじゃダメ!土の中に空気の道を作ってあげるように、優しく入れてあげよう。イメージとしては、ケーキを作るみたいに、ふんわりと!😉 良い土を使うと、プチトマトも喜んでくれるよ!

水やりは、土が乾いたらたっぷり

プチトマトは、お水を飲むのが大好き!でも、いつもビショビショだと根っこが苦しくなっちゃうんだ。土の表面が乾いたら、プランターの底から水が流れ出るくらいたっぷりあげようね。朝起きた時と、学校から帰ってきた時にチェックするといいかも!

時間帯 メリット デメリット
日中にしっかり水分吸収できる 忙しい朝は忘れがち
夕方 夜間の水の蒸発を防ぐ 湿度が高いと病気のリスクも

ベランダプチトマトを収穫する喜び: 収穫と追熟

赤く色づいたら収穫!

毎日お水をあげて、お日様をいっぱい浴びて、ついにプチトマトが赤く色づいたら収穫の合図!プチトマトをそっと持って、ヘタの上でハサミでカットしてあげよう。プチトマトが「ポキッ」と優しい音を立てて、まるで「ありがとう!」って言ってるみたいで嬉しくなっちゃうよ!

赤くなるのが待ちきれない?!そんな時は「追熟」

収穫時期が近づくと、プチトマトは黄色やオレンジ色に色づいてくるんだけど、中にはまだ緑色のプチトマトもあるかも。でも大丈夫!緑色のプチトマトも、お部屋で「追熟」させれば、赤く美味しくなるんだ。新聞紙に包んで、風通しの良い場所に置いておけばOK!毎日様子を見て、赤くなったら食べごろだよ。

状態
緑色 まだ熟していません。追熟が必要です。
黄色やオレンジ色 もうすぐ食べごろ!追熟させるとより甘くなります。
赤色 食べごろです!甘くてジューシーなプチトマトを味わおう!

ベランダプチトマトを収穫する喜び: 収穫と追熟
ベランダプチトマトを収穫する喜び: 収穫と追熟

もっと美味しく!ベランダプチトマト栽培のコツ

もっと甘くて美味しいプチトマトを育てたい!そんなキミに、とっておきのコツを教えてあげるね。それはね、「追肥」っていう裏技なんだ。追肥っていうのは、プチトマトが元気に育つように、途中で肥料を追加してあげることだよ。まるで、マラソンを走る人に、途中でドリンクをあげてパワーアップさせるみたいな感じかな?追肥のタイミングは、最初の収穫が終わった後がおすすめだよ。

もっと美味しく!ベランダプチトマト栽培のコツ
もっと美味しく!ベランダプチトマト栽培のコツ

Final Thought

ベランダ プチトマト栽培は、毎日の生活に彩りを与えてくれます。太陽の光を浴びて育つプチトマトは、まさに生きている宝石。愛情込めて育てたプチトマトを収穫する喜びは、格別です。ぜひ、あなたもベランダでプチトマト栽培に挑戦して、豊かなグリーンライフを楽しんでみてください。